2018年07月18日 14:00 〜 15:30 10階ホール
「2期目の習体制」(6) ジュリオ・プリエセ・ロンドン大学キングズカレッジ戦争学部講師

会見メモ

2期目の習体制 (6)

専門の国際関係論から見た日中関係を、政治、外交、軍事、経済、対外発信の分野から分析した。対中外交は、安倍首相がリーダーシップを発揮し、現実にそくした対応をとってきていると評価。対外発信面では、日本は言葉と態度が一致しており、中国と比べ、信頼性は高いが、今後は量より質を重視する方向に変えていくべきだと提言した。

 

司会 杉田弘毅 日本記者クラブ企画委員(共同通信)

通訳 森岡幹予


ゲスト / Guest

  • ジュリオ・プリエセ / Giulio Pugliese

    ロンドン大学キングス・カレッジ / King's College London

    講師 / Lecturer

研究テーマ:2期目の習体制

研究会回数:6

前へ 2018年07月 次へ
1
4
6
7
8
9
12
14
15
16
19
20
21
22
25
28
29
30
31
1
2
3
4
ページのTOPへ