概要

日本記者クラブについて

■非営利の独立したクラブ

日本記者クラブは1969年11月、日本新聞協会、日本放送協会、日本民間放送連盟の会長3人が設立発起人となり、全国の新聞、通信、放送各社に呼びかけて創設されました。

来日する外国の大統領や首相、閣僚の記者会見を日本の報道界が自分たちの手で開きたい、と考えたのがクラブ創設の大きな理由でした。それまでは、日本にはプレスが共有する報道・取材の拠点はなく、外国の賓客は日本外国人特派員協会(FCCJ)で記者会見に応じていました。

日本記者クラブは、日本で唯一の「ナショナル・プレスクラブ」です。会費により運営され、政府などからの公的な財政援助は一切受け取っていません。非営利の独立組織であり、2011年4月には公益社団法人の認定を受けました。

会員には、全国の主要な新聞社、テレビ局、通信社が法人会員として加盟し、個人会員として各報道機関の幹部、現役記者や記者OBも加わっています。外国メディアも法人会員や個人会員として参加しています。さらに当クラブの目的に賛同する大使館、国際機関や企業、団体も賛助会員としてご協力いただいているほか、ジャーナリズムを学ぶ学生を学生会員として受け入れています。現在、約190社、2300人の会員がいます。

各省庁には報道各社の記者が常駐する「記者クラブ」がありますが、当クラブとは成り立ちも性質もまったく異なるものです。 会員制度はこちら

  • 定款

2019年度は超大型会見を4回開催

日本記者クラブの最も大事な仕事は記者会見を開くことです。来日する外国の大統領、首相、閣僚や幅広い分野の専門家、日本の政治家、経済人、研究者、専門家ら「ニュースになる人」をゲストに招きます。記者会見や昼食会、研究会と呼び方はさまざまです。ゲストは原則としてオン・ザ・レコードで話し、取材した会員や記者がメディアで報道し、人々に広く伝わります。

2019年度は合計224回の記者会見・研究会を開催しました。ニュースの当事者を多く招き、取材・報道の場を用意することにより、ジャーナリズムの共通基盤としての役割を幅広く追求しました。AIG全英女子オープンで、日本人選手として42年ぶりのゴルフメジャータイトルを獲得した渋野日向子選手(8月6日)、着任後3週間という異例の速さで会見に応じた孔鉉佑・駐日中国大使(6月21日)などタイムリーな企画を開催しました。特に、2020年1月に中国・武漢で確認された新型コロナウイルスに関しては、2月13日に尾身茂・地域医療機能推進機構理事長(後に政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長に就任)を招いて以降、継続して会見を開いています。

第25回参院選にあたり、これまで同様に公示日前日に主要7党の党首を招き討論会を行いました(7月3日)。「表現の不自由展・その後」の当事者による会見、2020年オリンピック・パラリンピックに向けたシリーズ企画も幅広く展開しました。

7年目に入った現役記者向けの「記者ゼミ」は「社会部記者の醍醐味」をテーマに開講。街ダネ一筋の記者、暴力団取材の第一人者、国際的な調査報道に加わった記者など、社会部らしい幅広い人選の講師を囲み、議論を交わしました。

1969年11月に創立された日本記者クラブは2019年、創立50周年を迎え、創立記念日の11月1日にパーティーを開催しました。クラブ会員のほか、政治家、経済人、各国大使、これまでのクラブゲストなど315人が参加したほか、特別ゲストとして五輪での活躍が期待される白石黄良々選手(世界陸上選手権男子400㍍リレー銅メダリスト)を招きました。 

2019年度事業報告はこちら

2020年度日本記者クラブ賞は毎日新聞論説室専門編集委員の青野由利氏に 特別賞はNNNドキュメント・シリーズ

ジャーナリズムの信用を高めたジャーナリストに毎年、日本記者クラブ賞を贈ります。記者が選ぶベスト記者賞です。1973年に創設され、これまでに選ばれた仲間は計55人にのぼります。

2020年度日本記者クラブ賞は毎日新聞社の青野由利さんが受賞しました。30年以上にわたり科学報道の第一線で精力的に取材を続け、科学の各分野をわかりやすく解説するだけではなく、「科学と社会との接点」を常に意識した姿勢が高く評価されました。

特別賞には、2020年に放送開始から50年を迎えたNNNドキュメント・シリーズが選ばれました。社会派ドキュメンタリー番組を半世紀も継続させることは、放送界の常識を超える偉業であり、番組の歩み自体が戦後日本社会の歴史を網羅的に記録した貴重な映像アーカイブとなっていると評価されました。

 日本記者クラブ賞はこちら

海外の姉妹クラブ

日本記者クラブは下記の海外ナショナル・プレスクラブとも姉妹関係にあります。日本記者クラブの会員は、会員証を提示することにより、これらのナショナル・プレスクラブの施設を利用することができます。

■アメリカ・ワシントン

National Press Club
529 14th Street, NW, Washington, D.C. 20045 U.S.A.
Tel:1-202-662-7500
http://press.org

■オーストラリア・キャンベラ

National Press Club
16 National Circuit, Barton, Canberra, Australia
Tel:61-2-6121-2199 Fax:61-2-6121-2188 e-mail:npc@npc.org.au
http://www.npc.org.au

■韓国・ソウル

Korea Press Center
25, Taepyongro-1 ka, Jhungu-ku, Seoul, Korea, 100-750
Tel:82-2-2001-7114
http://www.kpf.or.kr
ページのTOPへ