概要

日本記者クラブについて

■非営利の独立したクラブ

日本記者クラブは1969年11月、日本新聞協会、日本放送協会、日本民間放送連盟の会長3人が設立発起人となり、全国の新聞、通信、放送各社に呼びかけて創設されました。

来日する外国の大統領や首相、閣僚の記者会見を日本の報道界が自分たちの手で開きたい、と考えたのがクラブ創設の大きな理由でした。それまでは、日本にはプレスが共有する報道・取材の拠点はなく、外国の賓客は日本外国人特派員協会(FCCJ)で記者会見に応じていました。

日本記者クラブは、日本で唯一の「ナショナル・プレスクラブ」です。会費により運営され、政府などからの公的な財政援助は一切受け取っていません。非営利の独立組織であり、2011年4月には公益社団法人の認定を受けました。

会員には、全国の主要な新聞社、テレビ局、通信社が法人会員として加盟し、個人会員として各報道機関の幹部、現役記者や記者OBも加わっています。外国メディアも法人会員や個人会員として参加しています。さらに当クラブの目的に賛同する大使館、国際機関や企業、団体も賛助会員としてご協力いただいているほか、ジャーナリズムを学ぶ学生を学生会員として受け入れています。現在、約190社、2300人の会員がいます。

各省庁には報道各社の記者が常駐する「記者クラブ」がありますが、当クラブとは成り立ちも性質もまったく異なるものです。 会員制度はこちら

  • 定款

2018年度は超大型会見を4回開催

日本記者クラブの最も大事な仕事は記者会見を開くことです。来日する外国の大統領、首相、閣僚や幅広い分野の専門家、日本の政治家、経済人、研究者、専門家ら「ニュースになる人」をゲストに招きます。記者会見や昼食会、研究会と呼び方はさまざまです。ゲストは原則としてオン・ザ・レコードで話し、取材した会員や記者がメディアで報道し、人々に広く伝わります。

2018年度は合計223回の記者会見・研究会を開催しました。ニュースの当事者を多く招き、取材・報道の場を用意することにより、ジャーナリズムの共通基盤としての役割を幅広く追求しました。300人以上の取材記者を集めた超大型会見が4回(ジャーナリストの安田純平氏(11月2日)、日大アメフト選手(5月22日)、ハリルホジッチ前サッカー日本代表監督(4月27日)、大谷翔平選手(11月22日))にのぼりました。

6年ぶり10回目となった自民党総裁選の立候補者討論会は、安倍晋三首相、石破茂元幹事長を招いて開催しました(9月14日)。改元を前に様々な分野から平成の30年間を振り返る「平成とは何だったのか」のほか、「トランプのアメリカ」「統計不正問題の深層」「公文書管理を考える」「議論再燃!ベーシックインカム」「働き方改革の論点」「世論調査と報道」「消費税 これまで・これから」などのシリーズ企画も継続的に開催しました。

6年目を迎えた現役記者向けの「記者ゼミ」は「企業報道を極める」のテーマで企業人を中心に様々な角度から講師を招き、議論を交わしました。

2018年度事業報告はこちら

2019年度日本記者クラブ賞は日本経済新聞論説フェローの芹川洋一氏に 特別賞は金本麻理子・ディレクター/椿プロ代表とリチャード・ロイド・パリー ザ・タイムズ東京支局長に

ジャーナリズムの信用を高めたジャーナリストに毎年、日本記者クラブ賞を贈ります。記者が選ぶベスト記者賞です。1973年に創設され、これまでに選ばれた仲間は計54人にのぼります。

2019年度日本記者クラブ賞は日本経済新聞社の芹川洋一さんが受賞しました。40年にわたり一貫して日本政治をウオッチし、絶妙な距離感とバランス感覚に裏打ちされた解説を行ってきたことが評価されました。

特別賞はディレクターの金本麻理子さん、英ザ・タイムズ東京支局長のリチャード・ロイド・パリーさんに贈られました。金本さんは戦争が当事者や子ども、女性に与えた影響という重いテーマに一貫して取り組み、ドキュメンタリー番組を通じて戦争の記憶を次代に語り継ぐというジャーナリズムの重要な役割を果たしてきたこと、ロイド・パリーさんは東日本大震災翌日から現場で被災者の取材に当たり、被災者や遺族と一定の距離を置きながら、独特の視点で貴重な言葉を引き出した著作『津波の霊たち』が評価されました。

日本記者クラブ賞はこちら

海外の姉妹クラブ

日本記者クラブは下記の海外ナショナル・プレスクラブとも姉妹関係にあります。日本記者クラブの会員は、会員証を提示することにより、これらのナショナル・プレスクラブの施設を利用することができます。

■アメリカ・ワシントン

National Press Club
529 14th Street, NW, Washington, D.C. 20045 U.S.A.
Tel:1-202-662-7500
http://press.org

■オーストラリア・キャンベラ

National Press Club
16 National Circuit, Barton, Canberra, Australia
Tel:61-2-6121-2199 Fax:61-2-6121-2188 e-mail:npc@npc.org.au
http://www.npc.org.au

■韓国・ソウル

Korea Press Center
25, Taepyongro-1 ka, Jhungu-ku, Seoul, Korea, 100-750
Tel:82-2-2001-7114
http://www.kpf.or.kr
前へ 2019年08月 次へ
28
29
30
31
3
4
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
25
26
27
28
29
31
ページのTOPへ