概要

日本記者クラブについて

■非営利の独立したクラブ

日本記者クラブは1969年11月、日本新聞協会、日本放送協会、日本民間放送連盟の会長3人が設立発起人となり、全国の新聞、通信、放送各社に呼びかけて創設されました。

来日する外国の大統領や首相、閣僚の記者会見を日本の報道界が自分たちの手で開きたい、と考えたのがクラブ創設の大きな理由でした。それまでは、日本にはプレスが共有する報道・取材の拠点はなく、外国の賓客は日本外国人特派員協会(FCCJ)で記者会見に応じていました。

日本記者クラブは、日本で唯一の「ナショナル・プレスクラブ」です。会費により運営され、政府などからの公的な財政援助は一切受け取っていません。非営利の独立組織であり、2011年4月には公益社団法人の認定を受けました。

会員には、全国の主要な新聞社、テレビ局、通信社が法人会員として加盟し、個人会員として各報道機関の幹部、現役記者や記者OBも加わっています。外国メディアも法人会員や個人会員として参加しています。さらに当クラブの目的に賛同する大使館、国際機関や企業、団体も賛助会員としてご協力いただいています。現在、約200社、2400人の会員がいます。

各省庁には報道各社の記者が常駐する「記者クラブ」がありますが、当クラブとは成り立ちも性質もまったく異なるものです。 会員制度はこちら

  • 定款

2017年度は討論会の開催やタイムリーな会見、企画、取材団派遣を積極的に

日本記者クラブの最も大事な仕事は記者会見を開くことです。来日する外国の大統領、首相、閣僚や幅広い分野の専門家、日本の政治家、経済人、研究者、専門家ら「ニュースになる人」をゲストに招きます。記者会見や昼食会、研究会と呼び方はさまざまです。ゲストは原則としてオン・ザ・レコードで話し、取材した会員や記者がメディアで報道し、人々に広く伝わります。

2017年度は合計194回の記者会見・研究会を開催しました。ニュースの当事者を多く招き、取材・報道の場を用意することにより、ジャーナリズムの共通基盤としての役割を幅広く追求しました。「民進党代表選」では前原誠司、枝野幸男の両候補による討論会を行ったほか、衆議院選挙の公示全日(10月8日)には、主要8党の党首を招いて党首討論会を行いました。「加計学園」問題で注目された前川喜平・前文部科学事務次官、希望の党旗揚げの翌日に登場した小池百合子東京都知事、米大リーグ挑戦を表明した大谷翔平選手、平昌五輪で連覇を果たした羽生結弦選手の会見は特に注目され、多くの記者が取材しました。

現場を訪問、取材する取材団、プレスツアーは一帯一路構想の現場をまわった「中国取材団」、トランプ政権下のメディアをテーマに取材したクラブ初の「アメリカ取材団」のほか、国内では「新潟取材団」や「福島取材団」、4回目となった「福島第一原子力発電所取材団」を派遣しました。

2017年度事業報告はこちら

2018年度日本記者クラブ賞は朝日新聞編集委員の奥山俊宏氏に 特別賞は毎日新聞社「点字毎日」に

ジャーナリズムの信用を高めたジャーナリストに毎年、日本記者クラブ賞を贈ります。記者が選ぶベスト記者賞です。1973年に創設され、これまでに選ばれた仲間は計53人にのぼります。

2018年度日本記者クラブ賞はジャーナリストの松尾文夫さんに贈られました。米公文書館で発掘した膨大な公文書を読み解いた奥山さんの著書『秘密解除 ロッキード事件』(岩波書店)は、米側の視点からロッキード事件に新たな光を当てた力作で、「調査報道の手本を示した」と評価されました。

特別賞は毎日新聞社の「点字毎日」(遠藤哲也編集長)に贈られました。1922年(大正11年)の創刊以来、戦争中も休みなく、日本で唯一の点字新聞として、視覚障害者にとって長く貴重な情報源となってきたこと、収益性よりも社会的弱者への貢献を優先した100年近い歩みが高く評価されました。

日本記者クラブ賞はこちら

海外の姉妹クラブ

日本記者クラブは下記の海外ナショナル・プレスクラブとも姉妹関係にあります。日本記者クラブの会員は、会員証を提示することにより、これらのナショナル・プレスクラブの施設を利用することができます。

■アメリカ・ワシントン

National Press Club
529 14th Street, NW, Washington, D.C. 20045 U.S.A.
Tel:1-202-662-7500
http://press.org

■オーストラリア・キャンベラ

National Press Club
16 National Circuit, Barton, Canberra, Australia
Tel:61-2-6121-2199 Fax:61-2-6121-2188 e-mail:npc@npc.org.au
http://www.npc.org.au

■韓国・ソウル

Korea Press Center
25, Taepyongro-1 ka, Jhungu-ku, Seoul, Korea, 100-750
Tel:82-2-2001-7114
http://www.kpf.or.kr
前へ 2018年10月 次へ
30
1
2
5
6
7
8
11
12
13
14
15
21
23
24
27
28
31
1
2
3
ページのTOPへ