ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


3・11から2年:風化させない決意(2013年3月) の記事一覧に戻る

南海地震想定 命を守るため発信を(神戸新聞社 長沼隆之)2013年3月

東日本大震災は未曽有の災害だったが、行政や学者らの口から発せられた「想定外」の言葉には違和感がぬぐえなかった。根底にあったのは、阪神・淡路大震災の苦い思いだ。

 

被災前は「神戸では地震は起きない」という根拠のない安全神話につかっていた。震災後も生活や街の再生の報道に力点が置かれ、防災計画の妥当性についての検証はなされてこなかった。東日本で再び「想定外」を耳にした時、この言葉を免罪符にしてはならないと痛感した。

 

本紙では、東日本の後、「想定を問う 不作為の連鎖」「そのとき、何が 南海トラフ巨大地震」などの連載を展開し、防災計画の土台となる「想定」に至った経緯や、ハードを中心とした備えには限界があり、具体的なシミュレーションを提示することで、読者に対して自ら命を守る覚悟も訴えてきた。

 

今後も、同様の被災を繰り返さないために、「命を守る」「正しく恐れる」をキーワードに教訓を発信していきたい。

 

(社会部災害特報班デスク)

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
29
30
ページのTOPへ