2018年02月13日 13:00 〜 14:30 9階会見場
宍戸常寿 東京大学教授「総論」:シリーズ研究会「憲法論議の視点」(1)

会見メモ

憲法論議の視点 (1)

シリーズ研究会「憲法論議の視点」の初回。4年前に39歳で東大教授になった新進気鋭の憲法学者が、「実務的観点から憲法改正を考えたい」として、憲法改正めぐる論点を包括的に紹介した。最後に、「憲法論議が有意義なものとなる条件として、憲法を改正すること、あるいは、改正しないことを自己目的化しないことが憲法論議を有意義にする条件」と指摘した。 

 

このほか、クラブでは、下記のシリーズ研究会を予定している。参加申し込みはこちらから。

2219() 只野雅人・一橋大教授「憲法改正の国民投票」

3312() 青井未帆・学習院大教授と井上武史・九州大准教授との対談「第九条」

4315() 山本龍彦・慶応大教授「新しい人権(プライバシー、AI、環境権など)」

5320() 曽我部真裕・京都大教授「統治機構」

  

 

司会 川上高志 日本記者クラブ企画委員(共同通信)


ゲスト / Guest

  • 宍戸常寿 / George, SHISHIDO

    東京大学大学院教授 / Professor, Graduate Schools for Law and Politics, Tokyo University

研究テーマ:憲法論議の視点

研究会回数:1

前へ 2018年02月 次へ
28
29
30
31
2
3
4
8
10
11
12
14
15
18
23
24
25
26
27
28
1
2
3
ページのTOPへ