ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイス)エネルギー事情、政策転換と核燃料サイクルの現場(2016年10月) の記事一覧に戻る

日本の現状を考える契機に(岡本賢一郎)2016年10月

高レベル放射性廃棄物処分という私が学生時代から追究し、記者を志すきっかけにもなったテーマについて、最前線を取材する貴重な機会に恵まれた。特に印象的だったのはフランスの放射性廃棄物処分計画で、既に処分地が決まっている北欧諸国の陰に隠れがちだが、規模や具体的な技術開発では世界最先端なのではないだろうか。

 

核燃料サイクルも含め、海外から見つめることで、日本の現状や課題が自分の中であらためて整理できたと思う。今回の知見や取材先との関係を、今後のニュースや番組の中で最大限アウトプットしていかねばという強い使命感に駆られている。

 

(NHK科学文化部) 

 

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
30
ページのTOPへ