ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイス)エネルギー事情、政策転換と核燃料サイクルの現場(2016年10月) の記事一覧に戻る

フクシマ原発事故の教訓は(半澤 正輝)2016年10月

取材は原子力関連事業者が中心となったが、フランスが今後も原発を推し進めようとする考えがひしひしと伝わった。関連企業はもとより、原発監視のために地域代表者らでつくる情報委員会のメンバーでさえ、「福島の事故は地震国ならではの事情で特別」と思っていることには驚いた。

 

「国ごとの事情」と言ってしまえばそれまでだが、東京電力福島第一原発事故の反省、教訓は海外に伝わっているのだろうか。あらためて考えさせられた。原発大国がどのような道を歩むのか、今後も注視したい。非常に内容の濃い11日間だった。

 

(福島民報社東京支社編集副主任)

 

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
29
30
ページのTOPへ