ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイスのエネルギー事情)政策転換と核燃料サイクルの現場 の記事一覧に戻る

処分場の選定手法を考える(立野 理彦)2016年10月

海外取材団に参加するのは初めてだったが、非常に密度の濃い取材をすることができ、フランス、スイス両国のエネルギー政策に対する理解が深まった。

 

個人的に関心があったのは、高レベル放射性廃棄物の最終処分場をどのように選定するか。両国とも最終決定はしていないものの、日本よりもかなり先行している。研究施設の地元に強力な地域振興策を打ち出したフランスと、候補自治体に拒否権を認めない方針のスイス。北海道の幌延町では処分技術の研究が行われているだけに、それぞれの手法には考えさせられるものが多かった。

 

(北海道新聞社報道センター)

前へ 2019年07月 次へ
30
2
3
4
5
6
7
12
13
14
15
16
20
21
25
27
28
1
2
3
ページのTOPへ