ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイス)エネルギー事情、政策転換と核燃料サイクルの現場(2016年10月) の記事一覧に戻る

最前線に触れ新鮮な驚き(浅沼 直樹)2016年10月

国内に仕事を残し、後ろ髪を引かれながらの出発だったが、原子力大国フランスと、スイスの核燃料サイクルの最前線を目の当たりにし、そんな思いも一気に吹っ飛んだ。

 

原子力施設に対する人々の信頼が高いことに新鮮な驚きを覚える一方、日本でどこまで実現できるのか疑問に感じた。特に核のごみの処分は日本との違いが大きい。今後の取材を通じてあらためて問うていきたい。

 

それにしても強行日程の連続で、まるで合宿のような日々だった。単独ではここまで充実した出張は決して組めなかっただろう。関係した皆さまに心から感謝を申しあげたい。

 

(日本経済新聞社科学技術部)

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ