ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイス)エネルギー事情、政策転換と核燃料サイクルの現場(2016年10月) の記事一覧に戻る

フランスとどう付き合っていくか(大塚 浩之)2016年10月

「原子力は、主権を保持していくために重要だ」「戦略的な選択として、再処理を今後も続けていく」。フランスの原子力関係者から出る言葉は、前向きだった。その自信はどこからくるのか、測りかねることもしばしばだった。日本が原子力政策を進める上で、フランスとどのように付き合っていくかは大きな課題だ。前に突き進むフランスから学ぶべき点、追随してはならない点を冷静に見極めなければならない。

 

フランスの現状に深く接したことは、大きな財産だ。強行軍に耐えた取材団には連帯感が生まれた。記者生活の中でも希有な体験だった。

 

(読売新聞社論説副委員長) 

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
30
ページのTOPへ