ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第16回(フランス・スイス)エネルギー事情、政策転換と核燃料サイクルの現場(2016年10月) の記事一覧に戻る

日本と異なる原子力大国の背景(石塚 広志)2016年10月

フランスはなぜ原子力大国であり続けるのか――今回の取材で知りたいテーマの1つだった。高レベル放射性廃棄物の最終処分地となるビュール村では、住民の反対どころか誘致活動があったことに驚いた。他の施設でも、住民側の代表者らに話を聞くと、同様の経緯や事業者の取り組みに理解を示す話が多かった。

 

その背景は、政府方針に従うという中央集権的な考え、あるいは国の役人が取材団に語った「合理的な『デカルト的』精神によるもの」かはわからなかった。ただ、日本とは異なる背景を肌感覚で知り得たことは貴重な取材だった。

 

(朝日新聞社科学医療部)

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ