ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第15回(中国)新常態(ニューノーマル)の経済現状と課題 の記事一覧に戻る

取材の仕方の違い実感(野崎 亮)2016年8月

「高炉は見せられない」。鞍山鋼鉄集団の幹部は顔をしかめた。引き下がらないわれわれに「なぜ要求されるんだ」と小声でつぶやいたようにも聞こえた。中国の鉄鋼の供給過剰問題は、価格下落で世界中のメーカーを苦しめ、貿易を衰退させている。最新の稼働状況を報じる必要があると思った。尽力してくれた現地の担当者は「国によって取材の仕方は違う」と説明した。当然取材できると思った自分にも甘えがあった。記者として中国への理解を深め、心を開いてもらえる努力をしていきたい。

 

(共同通信社)

前へ 2019年07月 次へ
30
2
3
4
5
6
7
12
13
14
15
16
20
21
25
27
28
1
2
3
ページのTOPへ