ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第14回(中国)日中関係、北京冬季五輪開催、四川大地震復興(2015年11月) の記事一覧に戻る

市民の関心はまだ薄く(岩下 省吾)2015年11月

「22年五輪への市民の関心はまだ08年の時ほど高くない」。北京のインターネット情報配信会社、環球網の幹部は、そう指摘した。ウインタースポーツが国内で、あまり盛んではないことに加え、夏季大会からわずか7年で招致のインパクトも薄く、市民の盛り上がりはいまひとつのようだ。

 

五輪の準備を担う北京五輪都市発展促進会は「施設の再利用」を強調した。北京国家体育場、通称「鳥の巣」は08年と同様に開閉幕の式典で活用、北京国家水泳センター、同「ウオーターキューブ」はカーリング会場になる。08年に使った12施設のうち、11施設を活用、新規建設はスピードスケート会場だけという。

 

(上毛新聞運動部長)

 

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
30
ページのTOPへ