ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第14回(中国)日中関係、北京冬季五輪開催、四川大地震復興(2015年11月) の記事一覧に戻る

本音の議論、継続を(中澤 克二)2015年11月

初の日本記者クラブ訪中団の受け入れは、中国の対日姿勢の変化を映していた。ホスト役はパブリック・ディプロマシーを担う中国公共外交協会。民間をうたうが、多くの人材が中国外務省から派遣されている。

 

中国は南シナ海などで周辺国と摩擦を引き起こしている。同協会が主催した訪中団との座談会には中国紙、環球時報の編集者、孔子学院の関係者らが出席。中国の実情がそれなりに見えた。先方の努力を評価したい。だが、まだまだ不十分である。日中双方は今後、官製色を薄め、率直な議論ができるさまざまな場を作るべきだ。本音の議論の継続こそが日中の衝突を防ぐ最良の手段になる。

 

(日本経済新聞編集委員兼論説委員)

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
30
ページのTOPへ