ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第14回(中国)日中関係、北京冬季五輪開催、四川大地震復興(2015年11月) の記事一覧に戻る

「基本姿勢」逸脱せずが鉄則か(鬼原 民幸)2015年11月

今回、多くの外交関係の要人と会うことができた。北京の中国公共外交協会では、中国外務省OBの?建忠副会長と。その外務省では、記者会見や外国メディア対応を担う新聞局の劉晋副局長らと会談した。

 

彼らの言葉に共通していたのは、中国政府の「基本姿勢」を決して逸脱しないことだ。普段聞けない「本音」を引き出そうとするわれわれの質問に、原理原則ばかりが返ってきた。まあ、当たり前ではあるが……。

 

永田町で取材していたころ、日本の政治家たちは「オフレコだぞ」と言って、よく愚痴るように「本音」を吐き出した。?さんや劉さんとそんな関係を築きたい。そう思った。

 

(朝日新聞国際報道部) 

前へ 2019年09月 次へ
1
4
6
7
8
10
12
14
15
16
17
21
22
23
26
28
29
30
1
2
3
4
5
ページのTOPへ