ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第7回(カンボジア、タイ、ラオス)回廊が結ぶメコン流域圏(2008年2月) の記事一覧に戻る

地元からの進出企業(鈴木 孝哉)2008年2月

 今回の3カ国訪問では、1日だけ取材団から離れ、新潟県の企業、鍛造品メーカーの遠藤製作所がタイに設立した現地法人を取材した。

  「タイといえば自動車産業」という単純な発想で取材を思い付いたのだが、日本を出る前日まで時間や移動手段の問題で交渉が難航。実際に現地に到着するまでハラハラしたものだが、多くの方がサポートしてくださった結果、無事に終えることができた。

  従業員がタイ人であること以外は、工場内の作業風景や製品など新潟で見るのと大差はないため、海外に来ているという感覚は希薄だった。だが、日本式の製造を貫いているからこそ、タイの自動車産業に携われるのだとも思った。

  ここ数年、タイ、ベトナムへ出る新潟の企業は増えているが、カンボジア、ラオスに生産拠点を設けたという情報はまだ入ってこない。将来この2カ国を再度訪ねたとき、経済発展で様変わりした街中を歩くとともに、進出を果たした新潟の企業を取材できたらと思う。

                                (日本記者クラブ会報2008年4月号から転載)

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ