2019年03月26日 13:30 〜 15:00 9階会見場
「日本の労働を誰が支えるのか」(6) 先進的受入国から学ぶもの、後発国から学ぶもの 小井土彰宏・一橋大学大学院教授

移民政策の研究者によると日本は「後発的移民受入国 Late Comer Immigrant Host Countries」に分類されるという。

『移民受入の国際社会学―選別メカニズムの比較分析』(名古屋大学出版会 2017年)を編集・執筆した小井土彰宏氏が、同じ後発国や先進受入国の事例を参照しながら、移民受入政策について解説する。

 

一橋大学教員紹介ページ

 『移民受入の国際社会学―選別メカニズムの比較分析』(名古屋大学出版会)


ゲスト / Guest

  • 小井土彰宏 / Akihiro Koido

    一橋大学大学院教授 / professor, graduate school, Hitosubashi University

研究テーマ:日本の労働を誰が支えるのか

研究会回数:6

前へ 2019年03月 次へ
24
25
26
27
28
2
3
5
6
7
9
10
11
13
16
17
18
19
21
23
24
27
30
31
1
2
3
4
5
6
ページのTOPへ