2015年06月02日 14:30 〜 15:30 9階会見場
「沖縄から考える」③ 今なぜ琉球独立なのか 松島泰勝 龍谷大学教授

会見メモ

『琉球独立論』などの著作がある松島教授が「なぜ今、琉球独立なのか」題して話し、記者の質問に答えた。
司会 川上高志 日本記者クラブ企画委員(共同通信)


会見リポート

沖縄は日本の植民地 だから独立を目指す

北郷 美由紀 (朝日新聞オピニオン編集部)

「琉球独立論はもはやタブーでも、居酒屋の議論でもありません」。2年前に設立された琉球民族独立総合研究学会の参加資格は、自分は琉球人だと考える人であること。研究と実践の双方を重視する活動に、約300人が参加している。

 

沖縄は日本の植民地だと定義する。琉球国は米仏オランダと修好条約を結んでいた独自の国で、清国も主権を認めていた。それが1879年に日本に併合され、1972年に復帰となった。どちらも、住民の合意で決めたものではない。基地の強制や差別、政治や経済、軍事上の利益が本土に流れる仕組みは、植民地そのものだと指摘する。 

 

独立の道筋を国連経由で描いている。まずは国連脱植民地化特別委員会において、非自治地域リストへの登録を目指す。追い風としているのは、「オール沖縄という琉球ナショナリズム」だ。基地問題については、「独立国になった方が交渉をずっと有利に進めることができます」。

 

独立を目指す時期は、政府が譲歩するだけ遅くなるという。独立論の盛衰を分けるのは、政府の対応だ。「後ろめたさ」から関心を寄せるだけでは済まないのだと、あらためて認識させられた。


ゲスト / Guest

  • 松島泰勝 / Yasukatsu Matsushima

    日本 / Japan

    龍谷大学教授 / professor, Ryukoku University

研究テーマ:沖縄から考える

研究会回数:3

前へ 2022年08月 次へ
31
1
3
4
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
27
28
31
1
2
3
ページのTOPへ