ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


3・11から2年:風化させない決意(2013年3月) の記事一覧に戻る

地域のコミュニティー守る視点で(大槌新聞 高田由貴子)2013年3月

震災で地元紙が被災し、町内では情報不足が深刻だが、町に発行する広報はわかりにくいと敬遠され、町内で発行されているミニコミ誌は現状を明るく取り繕うような内容ばかりだ。町民に今一番必要な生活再建情報を、町民自らがわかりやすく伝える「大槌新聞」を週1回発行している。今後、地元紙として定着させるために、配達方法や資金の問題などクリアすべき課題は多い。中央紙との違いは「住民目線」。「地域のコミュニティーを守る」という視点を大切にしている。

 

1日も早い復興が叫ばれる一方で、被災地には疲労感や停滞感が漂う。それでも必死になって前に進もうとしている人がいる。また、被災地には、あの震災を経験したからこそ芽生えた「新しい可能性」が至るところに見られる。町外からの支援者と地元住民の「化学反応」も起きている。機会があれば被災地に住む女性ならではの視点で、被災地の現状と希望の両方を全国に発信したい。

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ