2019年10月04日 13:30 〜 15:00 10階ホール
「米中争覇」(5) 混乱が続く香港の行方 遊川和郎・亜細亜大学教授

会見メモ

香港政府の林鄭月娥行政長官は「逃亡犯条例」改正案の撤回を表明したが、市民は普通選挙の実施を要求し、デモ収束の見通しは立たない。

市民と政府の対立の行方と経済に与える影響について『香港 返還20年の相克』(日本経済新聞社2017年)などの著書がある遊川和郎教授が語った。

 

司会  坂東賢治 日本記者クラブ企画委員(毎日新聞) 

 


ゲスト / Guest

  • 遊川和郎 / Kazuo Yukawa

    日本 / Japan

    亜細亜大学教授 / professor, Asia University

研究テーマ:米中争覇

研究会回数:5

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ