2019年08月21日 16:00 〜 17:00 9階会見場
「I’mPOSSIBLE Award」発表会見

1年後の東京2020パラリンピック競技大会を前に、新たに設立される賞の概要を、国際パラリンピック委員会(IPC)のクレイグ・スペンス・チーフマーケティング・コミュニケーションオフィサーと山脇康理事らが発表する。表彰式はパラリンピックの閉会式で行われる。

同賞は、IPCの事業開発を担う機関「アギトス財団」が開発したパラリンピックの価値や共生の理念を子どもに伝えるための教材『I’mPOSSIBLE』を活用して、共生社会の実現に貢献した学校を顕彰するもの。

教材名には、不可能(impossible)に見えることも少しの工夫で可能になる(I'm possible)という意味が込められている。現在26カ国で使用され、日本では2017年に導入された。

会見にはパラスポーツ選手も出席し、賞の意義についてコメントする。

国際パラリンピック委員会公認教材「I’mPOSSIBLE(アイム・ポッシブル)」

 


ゲスト / Guest

  • クレイグ・スペンス

    国際パラリンピック委員会チーフマーケティング・コミュニケーションオフィサー

  • 山脇康

    国際パラリンピック委員会理事、アギトス財団評議員

  • マセソン美季

    アイムポッシブル賞日本事務局、国際パラリンピック委員会教育委員

  • マルクス・レーム

    ドイツ

    陸上競技選手、リオ2016大会金メダリスト

  • 木村敬一

    日本

    水泳選手、リオ2016大会銀メダリスト

前へ 2019年08月 次へ
28
29
30
31
3
4
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
25
26
27
28
29
31
ページのTOPへ