2014年09月12日 14:30 〜 16:00 10階ホール
「現代日本の貧困 」③大沢真理 東京大学社会科学研究所教授

会見メモ

現代日本の貧困 (3)

「生活保障のガバナンス—所得貧困にそくして—」などの論文がある大沢教授が、日本の貧困の特徴を年代比較、国際比較を交えて分析。「最大の問題は再分配の非効率」と指摘し、現状の財源でも再分配を有効に機能させることはできる、と主張した。

司会 竹田忠 日本記者クラブ企画委員(NHK)


会見リポート

分配もひどいが再分配は最悪 逆機能する生活保障システム

大沢さんの論旨は極めて明快。ざっくばらんなたとえで、聞く者をひきつける。いわく、国の政策は、〝やらず、ぼったくり〟であると。そのこころは、社会保障政策の機能が低下しているどころか、逆機能してしまっていると主張。社会保障で貧困が深まったり、所得格差が開いたりということが起きていると指摘した。


たとえば大企業の正社員は、社会保険料の負担は低く、受けられる給付は厚い。しかし、非正規の人など恵まれない立場にある人は、負担は重く、給付は薄い。


理由は2つ。1つは、社会保険が企業の規模や、職種、労働時間によって加入する組織が違う〝段差があるタテ割り〟になっているため。


そして2つ目は、社会保障制度の累進性が絶望的に低いため。高所得者がより負担し、低所得者が厚い給付を受けられるよう、累進性を高めることが必要と説く。


しかし、アベノミクスはそれとは真逆の、強者から富ませる〝トリクル・ダウン〟。どう整合性をつけるか、課題は重い。


企画委員 NHK解説委員 竹田 忠

ゲスト / Guest

  • 大沢真理 / Mari Osawa

    日本 / Japan

    東京大学社会科学研究所教授 / Professor, Institute of social science, The University of Tokyo

研究テーマ:現代日本の貧困

研究会回数:3

前へ 2017年11月 次へ
29
30
31
2
3
5
6
9
12
14
15
17
18
19
21
23
25
26
27
29
30
1
2
ページのTOPへ