ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


3・11から2年:風化させない決意(2013年3月) の記事一覧に戻る

進行形テーマとして視点や見せ方で工夫が必要(NHK 松坂千尋)2013年3月

「これからは一人の犠牲も出したくない」。震災直後から皆で思い続けてきた。津波大津波警報時にはいち早く逃げてもらうため、危機感をストレートに伝える強い呼び掛けを導入した。避難につながるより効果的な画面や表現は何か、改善を続けていく。

 

原発事故では「何が起き、何が問題だったのか」にこだわってニュースや番組で検証してきた。繰り返さないために何より大切だからだ。この他、廃炉までの過程、再稼働やエネルギー政策、使用済み核燃料の問題など、様々な事実や見方を示しながら取り上げていきたい。

 

そして前例のない困難を伴う復興。課題に加えて、人々に寄り添いながら立ち直りに向かう姿を伝えていきたい。

 

最大の課題は、時間が経過するにつて、特に被災地以外で関心が薄れがちな事である。どうしたら共有すべき進行形のテーマとして受け止めてもらえるのか。事実の丹念な掘り起こしとともに、視点や見せ方の工夫などが必要なのは、言うまでもない。

 

(報道局編集主幹)

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
29
30
ページのTOPへ