2024年08月05日 17:30 〜 19:17 10階ホール
【開催日を変更しました】試写会「本を綴る」 

申し込み締め切り

 会場参加: 2024年08月02日17:00

★都合により開催日を8月5日(月)に変更しました。(7/16更新)

★人数を問わず同伴可能です。

★事前申し込みが必要です。申込フォームはこちら

 

街の本屋は年々減少傾向にある。経済産業省が公表しているデータ(2022年度)では20年前に比べ約6割減っている。本作は本屋や図書館など、本と身近に接することができる場所があることの意味や魅力を発信するために企画された劇映画。制作にあたっては、那須塩原市の図書館みるる、京都市の恵文社、香川県の宮脇書店など全国の面白い本屋・図書館を取材したという。

主人公は小説を書けなくなった作家、一ノ関哲弘(矢柴俊博)。全国の本屋を巡りながら本の書評や本屋のコラムを書くことを生業としている。旅の中での人や本との一期一会の出会い、本屋で働く友人との再会などを通じ、書けなくなった原因と向き合っていく。

上映後、篠原哲雄監督との質疑応答の時間を設ける。

 10月5日(土)より新宿K's cinema、京成ローザ⑩他全国順次公開。

 

©ストラーユ

 

公式サイト


ゲスト / Guest

  • 本を綴る

前へ 2024年07月 次へ
30
1
2
3
4
6
7
11
12
13
14
15
16
18
20
21
26
27
28
30
1
2
3
ページのTOPへ