2020年03月25日 13:15 〜 14:15 10階ホール
「新型コロナウイルス」(4) 経済対策のあり方 小林慶一郎・慶應義塾大学客員教授

会見メモ

慶應大学で教鞭をとる小林氏(現在、東京財団政策研究所に研究主幹として赴任中)が、政府がとるべき経済対策について話した。

小林氏は3月18日に、佐藤主光・一橋大学大学院教授と共同で経済政策についての提言「新型コロナウイルス対策をどのように進めるか?」を発表した。この提言は「感染拡大抑止」「所得の減少と流動性の不足の軽減」「長期的な産業構造変化の促進」の3点を原則とし、景気対策とするべきではない、と指摘している。

司会 藤井彰夫 日本記者クラブ企画委員(日本経済新聞)


ゲスト / Guest

  • 小林慶一郎 / Keiichiro Kobayashi

    日本 / Japan

    慶應義塾大学客員教授 / visiting professor, Keio University

研究テーマ:新型コロナウイルス

研究会回数:4

ページのTOPへ