2020年03月19日 13:30 〜 14:30 10階ホール
「オリンピック・パラリンピックと社会」(8) 1964年聖火リレー秘話 久野明子さん

会見メモ

1964年東京五輪組織委員会の職員で、海外聖火空輸派遣団のメンバーだった久野明子さんに、アテネから日本への海外聖火リレーや組織委員会での思い出を聞いた。

中東、東南アジア諸国で歓迎され「各国の若者たちの平和への思い、未来への希望を託された責任感で聖火を運んだ」と、当時の思いを語った。また、ブランデージIOC委員長が開会式で日本語であいさつしたことが知られるが、ブランデージ氏に日本語を教えた裏話も披露した。

司会 森田景史 日本記者クラブ企画委員(産経新聞)

1964年聖火リレー秘話の2回目はこちら:

3月24日(火)13:30~15:00「オリンピック・パラリンピックと社会」(9) 1964年聖火リレー秘話 ジャーナリスト 夫馬信一さん


ゲスト / Guest

  • 久野明子 / Akiko Kuno

研究テーマ:オリンピック・パラリンピックと社会

研究会回数:8

ページのTOPへ