2019年11月27日 16:00 〜 17:30 9階会見場
「ベルリンの壁崩壊がもたらしたもの」(1) 作家・高橋源一郎氏

会見メモ

東西冷戦の象徴だったベルリンの壁崩壊から11月9日で30年が経った。壁の崩壊が現代史に与えたインパクトについて、シリーズで識者に聞く。

第1回ゲストとして作家の高橋源一郎氏が登壇、自著「追憶の一九八九年」(1990年 、スイッチ書籍出版部)をもとに、1989年を振り返るとともに、ベルリンの壁崩壊が日本の思想に与えた影響について語った。

司会 鶴原徹也 日本記者クラブ企画委員(読売新聞)


ゲスト / Guest

  • 高橋源一郎 / Genichiro Takahashi

    日本 / Japan

研究テーマ:ベルリンの壁崩壊がもたらしたもの

研究会回数:1

前へ 2019年12月 次へ
1
7
8
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
ページのTOPへ