首都圏外郭放水路 取材会

近年各地で相次ぐ豪雨災害に、首都圏ではどのように備えているのか。

「首都圏外郭放水路」は埼玉県春日部市の地下50メートルを総延長6.3キロメートルにわたって貫く世界最大級の地下放水路で、大雨の際に周辺の中小河川の水を取り込み江戸川に流している。

利根川、荒川など大河川に囲まれ勾配が緩やかな中川・綾瀬川流域は水害が繰り返されてきたが、2006年の通水以降、年間平均7回稼働し、浸水被害を軽減させている。

取材会では展示室と、水を取り込む立坑、水の勢いを弱める地下の調圧水槽 、排水のためのポンプ室を視察する。

現地集合、現地解散。同伴不可。

100 段以上の階段(高低差18m)を歩いて昇降します。エレベーター等は設置されていません。不安がある方はご遠慮ください。

首都圏外郭放水路(国土交通省江戸川河川事務所ウェブサイト)

 

◆日時:9月2日(月) 15:00~16:30

 

◆行程  ※降雨で施設に水が流入する場合は、視察場所を変更する可能性があります。

 15:00~16:00 視察:「龍Q館」展示室、ポンプ室、調圧水槽 、第一立坑

 16:00~16:30 質疑応答

 

◆集合時刻:14:45

◆集合場所:首都圏外郭放水路内「龍Q館」(埼玉県春日部市上金崎720/最寄り駅:東武野田線南桜井駅)

      アクセスマップはこちら

 

◆定員:20人(希望者多数の場合は抽選)

 

◆申込締切:8月21日(水) 17:00

 参加の可否は8月23日(金)までにお知らせします。

 

 


ゲスト / Guest

前へ 2019年08月 次へ
28
29
30
31
3
4
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
25
26
27
28
29
31
ページのTOPへ