2019年08月08日 15:30 〜 17:00 9階会見場
「米中争覇」(3)中国経済と米中関係の行方 津上俊哉・現代中国研究家

会見メモ

 通産官僚出身で在中国日本大使館勤務の経験もある津上俊哉氏が登壇。中国経済の実態とその背景、米国のファーウェイ排除方針の行方などについて語った。

 同氏は2004年に退職して中国企業を投資対象とするベンチャーキャピタルを立ち上げ、2012年から「津上工作室」を運営。

初の著書『中国台頭 ― 日本は何をなすべきか』(2003年 日本経済新聞社)で2003年サントリー学芸賞政治・経済部門を受賞。近著は『「米中経済戦争」の内実を読み解く』(2017年 PHP研究所)

 

司会 坂東賢治 日本記者クラブ企画委員(毎日新聞)

津上工作室

 


ゲスト / Guest

  • 津上俊哉 / Toshiya Tsugami

    日本 / Japan

    現代中国研究家、国際問題研究所客員研究員 / President of Tsugami Workshop

研究テーマ:米中争覇

研究会回数:2

前へ 2019年08月 次へ
28
29
30
31
3
4
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
25
26
27
28
29
31
ページのTOPへ