2018年10月19日 13:30 〜 15:00 10階ホール
「世論調査と報道」(2) 地方における世論調査 河村和徳・東北大学大学院准教授

地方で世論調査を行うことの意義や地方の民意を読み取るための工夫、大学と地方メディアのタイアップの可能性などについて聞く。

河村氏は地方での世論調査に多く携わり、近年では東日本大震災被災地での選挙、政治に着目して研究を行っている。著書に『現職落選ドミノの衝撃から二〇十六年参議院選挙まで―被災地選挙の諸相』(2017年 共著)、『東日本大震災と地方自治―復旧・復興における人々の意識と行政の課題』(2014年)などがある。

 

河村氏HP

東北大学教員紹介ページ


ゲスト / Guest

  • 河村和徳 / Kazunori Kawamura

    日本 / Japan

    東北大学大学院准教授 / associate professor, Tohoku University graduate school

研究テーマ:世論調査と報道

研究会回数:2

前へ 2018年10月 次へ
30
1
2
5
6
7
8
11
12
13
14
15
21
23
24
27
28
31
1
2
3
ページのTOPへ