「平成とは何だったのか」(2)  佐々木毅・元東京大学学長
2018.5.18
詳細を見る

■5月号会報発行 PDF

5月11日、会報を発行しました。ラインナップは以下の通り。

18年度日本記者クラブ賞・特別賞の受賞者紹介。

元号「平成」を発表前に入手した記者の当時の裏話(書けなかった話)。

米中貿易摩擦(東京新聞)、大リーグ大谷翔平番(岩手日報社)、外国人殺到で地価上昇日本一の北海道倶知安町(北海道新聞社)、被災地通信は、岩手県大槌町:旧役場庁舎解体問題 (IBC岩手放送)など。

---------------------------------------------------

◆日本記者クラブ賞・特別賞 受賞者決定(4.27)◆

2018年度日本記者クラブ賞を調査報道で大きな業績をあげた朝日新聞社編集委員の奥山俊宏記者(52)に、特別賞を視覚障害者のために1世紀近く点字新聞を発行し続けている毎日新聞社の「点字毎日」(遠藤哲也編集長)に贈ることを決めた。プレスリリース:PDF

◆受賞記念講演会 6月6日(水)18時~ ◆

クラブ賞を受賞した奧山俊宏・朝日新聞社編集委員がこれまでの取材上のエピソードや調査報道の意義について、特別賞を受賞した毎日新聞社の「点字毎日」編集部の代表者が、点字新聞作りの舞台裏について語ります。参加者の質問に答えていただく時間もあります。日本記者クラブ会員だけでなく、一般の方も参加できます。参加申し込みは、こちらから。https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/35099/report 

  • ---------------------------------------------------

■特別企画「記者が観た映画『ペンタゴン・ペーパーズ』」を開設しています■

記者による「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(原題:The Post/スティーヴン・スピルバーグ監督)の鑑賞記ページはこちらから。今年度のクラブ賞を受賞した奥山俊宏氏の原稿もあります。

  • ---------------------------------------------------

■著者と語る『評伝 石牟礼道子-渚に立つひと-』 米本浩二 毎日新聞西部本社学芸グループ記者 の詳録を公開しました こちらから
■著者と語る『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子・芥川賞作家
の詳録を公開しました こちらから

■曽我部真裕・京都大学教授「憲法論議の視点」(5)統治機構 の詳録を公開しました こちらから

■山本龍彦 慶応大教授「憲法論議の視点」(4)新しい人権(プライバシー、AI) の詳録を公開しました こちらから

■只野雅人 一橋大学教授「憲法論議の視点」(2)憲法改正の国民投票 の詳録を公開しました こちらから

■宍戸常寿 東京大学教授「憲法論議の視点」(1)総論 の詳録を公開しました こちらから

■羽生結弦選手会見(2/27)会見の詳録を公開しました こちらから

  • ---------------------------------------------------
    • ■「もう一度、記者に…」 記者OB会員の会費を値下げしました この機会に入会を■

            • 日本記者クラブでは2017年4月から、記者OB会員の会費を値下げしました。当クラブ法人加盟のメディア各社で記者経験のある方々が対象です。この機会にぜひ、入会をご検討ください。 詳しくはこちらをご覧ください。

       ---------------------------------------------------

ページのTOPへ