ベテランジャーナリストによるエッセー、日本記者クラブ主催の取材団報告などを掲載しています。


第17回(中国)「一帯一路」の構想と現場(2017年7月) の記事一覧に戻る

メリット強調の中どう本音を(田窪 寛之)2017年7月

「一帯一路」の現場を視察しつつ、1日3食の中華料理をしっかりと食べ、物心両面でおなかいっぱいの中国訪問だった。北京、西安、福建省と風土も雰囲気も違う3地点を同時に訪れ、シルクロードの広大さ、歴史のロマンを感じることができた。同時に取材の難しさも感じた。中国側の担当者は多くの場合、一帯一路のメリットのみを強調しているように感じられた。報道の自由が制限される中でいかに本音や実相をあぶりだすか。今後も日中が抱える問題に関心を寄せつつ、解決策を模索していきたい。

 

(共同通信社) 

前へ 2019年11月 次へ
27
28
29
30
31
2
3
4
5
6
9
10
16
17
19
23
24
25
26
29
30
ページのTOPへ