2024年07月24日 13:30 〜 15:00 10階ホール
「自治体消滅にあらがう」(1) 大砂雅子・金沢工業大学教授

会見メモ

「人口戦略会議」が4月に744の自治体で2050年までに20代から30代の女性が半減し、「最終的には消滅する可能性がある」とする分析を公表して注目された。人口減少と東京一極集中などについて考えるシリーズ「自治体消滅にあらがう」の第1回として、女性活躍と地域経済を研究する大砂雅子・金沢工業大学教授が登壇した。封建的な家族風土が残る北陸地方の3県では女性労働者の比率は高いものの、首都圏と比較し管理職といった重要なポストへの昇格につながってない傾向にあるという。

地方の現状と女性が活躍がしてくれる環境をつくるために何が必要なのか、そのための手段などについて話した。

 

司会 小林伸年 日本記者クラブ企画委員(時事通信社)


ゲスト / Guest

  • 大砂雅子 / Masako OSUNA

    金沢工業大学教授 / Professor, Kanazawa Institute of Technology

研究テーマ:自治体消滅にあらがう

研究会回数:1

前へ 2024年07月 次へ
30
1
2
3
4
6
7
11
12
13
14
15
16
18
20
21
26
27
28
30
1
2
3
ページのTOPへ