2022年11月14日 12:00 〜 13:00 10階ホール
村上宗隆・東京ヤクルトスワローズ選手 会見

会見メモ

打率3割1分8厘、56本塁打、134打点で史上最年少の三冠王となったヤクルトスワローズの村上宗隆選手が登壇。今シーズンを振り返るとともに、米メジャーリーグ挑戦への思いなどについて語った。

 

司会 宮内正英 日本記者クラブ企画委員(スポーツニッポン新聞社)

   名取広紀 日本記者クラブ企画委員(報知新聞新聞社)

   


会見リポート

唯一口にした後悔の先に

森下 知玲 (報知新聞社運動第一部)

 日本選手最多のシーズン56本塁打、最年少三冠王…。〝村神様〟と称される活躍にも、ヤクルト・村上は落ち着いていた。試合で見せる熱さとは一転、丁寧に言葉を選び、謙虚な人柄が見えた1時間だった。無双状態だった1年に、恐怖や不安はなかったのだろうと思っていた私は、会見での4番の言葉に驚いた。

 投手に向けるするどい視線、打席での立ち姿は堂々たるもの。どんなコース、球種もスタンドに運ぶ怪物ぶりで、シーズン14試合を残して55号に到達。60号もある、と誰もが期待したが、次の56号は61打席ぶりの一発だった。弱音を吐くどころか「もっとプレッシャーをかけてほしい」と下を向かなかっただけに、「調子がよくないと分かりながら、打席に立つ恐怖感があった」と明かされた思いに驚きつつも、22歳らしさが見えたような気がした。

 実力を証明し、晴れやかな表情で振り返った今季。だが、一つだけ後悔があった。50本を放った際、王貞治氏の55本を目安に目標を立てたという。「60、61と(高い)目標を立てておけば、違う結果が生まれたかも」。射程圏だっただけに「自分にもっと期待するべきだった」と悔いた。だが、反省を次に生かせることが、進化を続ける理由。「目標は高ければ高いほどいい」と、高みを目指していく姿勢はこの反省から学んだ。その言葉通り、会見では、米大リーグ挑戦への意思を初めて公の場で表明した。プロ入りからの夢が、現実味を帯びてきた今だからこそ、自身の言葉で世間に伝えたのだろう。

 次の舞台を見据えながら、迎える6年目。シーズン最多を更新する61本塁打に、2年連続三冠王、WBCでは日の丸の4番…。周囲の高まる期待を背に、若きスラッガーは「現実的な数字は全て狙っていきたい」と貪欲に突き進む。「55」をまとう広い背中はどれだけの夢を見せてくれるのだろうか。


ゲスト / Guest

  • 村上宗隆 / MURAKAMI, Munetaka

    東京ヤクルトスワローズ選手

前へ 2023年02月 次へ
29
30
31
2
5
7
8
9
11
12
18
19
20
21
23
25
26
27
28
1
2
3
4
ページのTOPへ