2020年08月05日 13:30 〜 14:30 10階ホール
「気候変動と豪雨災害」川瀬宏明・気象研究所主任研究官

会見メモ

2018年の西日本豪雨、2019年の台風19号、今年の九州豪雨など、異常気象による災害が毎年発生している。

これらの現象と気候変動にはどのような関係があるのか、気象庁気象研究所応用気象研究部の川瀬宏明主任研究官が確率的アプローチ、量的アプローチの双方から分析し、解説した。

司会 村山知博 日本記者クラブ企画委員(朝日新聞)

気象研研究者紹介ページ

川瀬氏HP「Sky And Weather」

『地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題』


ゲスト / Guest

  • 川瀬宏明

    日本

    気象庁気象研究所 応用気象研究部・第二研究室 主任研究官

研究テーマ:気候変動と豪雨災害

ページのTOPへ