2019年12月11日 13:30 〜 15:00 10階ホール
「ベルリンの壁崩壊がもたらしたもの」(3) 冷戦終結30年 大分岐の時代に 斎藤幸平・大阪市立大学准教授

冷戦終結以降の経済システムの変化や、これからの社会・経済のあり方について聞く。

斎藤准教授は1987年生まれ。米国の大学で学んだ後、独フンボルト大学哲学科で博士号を取得した。

マルクス理論から環境問題を論じた著作で2018年にマルクス研究界最高峰の賞「ドイッチャー記念賞」を史上最年少で受賞した(邦訳増補改訂版は『大洪水の前に―マルクスと惑星の物質代謝』2019年4月、堀之内出版)。 日本人の同賞受賞は初めて。

哲学者マルクス・ガブリエル氏らとの対話を収めた編著書『未来への大分岐』(2019年8月、集英社新書)では、資本主義システムの行き詰まりを指摘し、新たな社会の展望を探っている。

斎藤幸平教授(大阪市立大学ウェブサイト)


ゲスト / Guest

  • 斎藤幸平 / Kohei Saito

    日本 / Japan

    大阪市立大学准教授 / Associate Professor, Osaka City University

研究テーマ:ベルリンの壁崩壊がもたらしたもの

研究会回数:3

前へ 2019年12月 次へ
1
7
8
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
ページのTOPへ