2019年10月25日 13:00 〜 14:30 10階ホール
「朝鮮半島の今を知る」(35) 朝鮮人強制連行の実態 外村大・東京大学大学院教授

現在の日韓対立は韓国大法院の徴用工への賠償判決がきっかけだったが、そもそも朝鮮人の強制連行の実態はどのようなものだったのか、どのような事実が確認されているのか。

『朝鮮人強制連行』(岩波新書2012年)などの著書がある外村大教授に聞く。

外村大研究室

『朝鮮人強制連行』


ゲスト / Guest

  • 外村大 / Masaru Tonomura

    日本 / Japan

    東京大学大学院総合文化研究科教授 / professor, Graduate School of Arts and Sciences, Tokyo University

研究テーマ:朝鮮半島の今を知る

研究会回数:35

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ