2019年08月06日 19:00 〜 20:00 10階ホール
渋野日向子選手 記者会見

会見メモ

 AIG全英女子オープンで優勝し、帰国したばかりの渋野日向子選手が登壇。日本人選手として42年ぶりにゴルフメジャータイトルを制覇した喜びを語った。

 

司会 宮内正英 日本記者クラブ企画委員(スポーツニッポン)

 渋野日向子プロフィール詳細


会見リポート

飾らないスマイル・シンデレラ

大和 弘明 (スポーツニッポン新聞社スポーツ部)

 等身大の20歳が、そこにいた。

 日本勢として42年ぶりの海外メジャー制覇。〝スマイル・シンデレラ〟として一躍有名になった渋野選手は、飾らず気取らずに胸の内を語った。

 会見の冒頭では、司会者からゴルフ選手が日本記者クラブで会見するのは初めてというアナウンスがあった。20歳という年齢は1994年に史上初のシーズン200本安打を達成した際のイチローさんの21歳(会見当時)を抜き、スポーツ選手で最年少となった。「まさか日本記者クラブで会見する日が来るとは思っていなかった。すごく緊張しております」。その言葉に実感がこもった。

 この会見の参加人数は187人。ムービー23台、スチール14台。英国から帰国直後に行った羽田空港での会見に続いてのハシゴ会見となったが、疲れた様子を見せなかった。リラックス方法を問われれば、「ご飯を食べている時」と即答。好きな食べ物を問われれば、「イチゴです。おいしいから」と報道陣の笑いを誘う。

 代名詞となったハイタッチについては「よっぽど無視される方が私はつらいです。だんだんハイタッチする人数が増えていった。すごいうれしかった」と語った。大舞台で結果を叩き出せた理由は、この素直な性格かもしれない。

 ブレークを果たし、これまでと同じように競技に集中することができるのか。未来を不安視する質問も飛んだが、杞憂だった。「これからも今の性格で貫くつもり。私は今までずっと岡山の地域の方々に育てられているので、皆さんに会うたびに初心に戻れるので大丈夫」と言い切った。さらに「家族は変わらないので、私が変わりそうになったら父と母にお願いしたい」とも話し、家族の絆の強さも垣間見えた。

 夢の東京五輪出場も一気に現実味を帯びてきた。「ソフトボールを東京五輪に見に行きたいなと思っていた。今、この状況にいて、世界ランクも上位になった。今は本当に出たいと思っています」。五輪にたどり着くロードマップも描いている。「今年の目標は日本の賞金だけで1億円プレーヤーになることです」と決意表明した。

 誰もが憧れるサクセス・ストーリー。夢を与える立場になっても、決してブレない。「私が目指しているのは宮里藍さんのような日本を代表する素晴らしい選手、みんなから愛される選手」――。スマイル・シンデレラの物語は続いていく。


ゲスト / Guest

  • 渋野日向子 / Hinako Shibuno

    日本 / Japan

    プロゴルファー

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ