2017年10月18日 14:00 〜 15:00 10階ホール
フレイ チリ元大統領(アジア太平洋担当特命大使)

会見メモ

写真右から、エドゥアルド・フレイ・ルイス・タグレ アジア太平洋担当特命大使(元チリ大統領)、パウリーナ・ナサル 外務省国際経済局長、カルロス・アルバレス チリ海外投資促進庁長官。

日―チリ・外交関係樹立120周年、EPA発効後10年と今年は節目の年。フレイ元大統領は、経済・貿易関係の強化を訴えた。同行したアルバレス氏も「日本は対チリ直接投資額で首位。鉱業や農業以外の潜在能力のある情報産業などにも目を向けてほしい」と語った。

 

司会 播摩卓士 日本記者クラブ企画委員(TBSテレビ)

通訳 丸山啓子

 


ゲスト / Guest

  • エドゥアルド・フレイ・ルイス・タグレ / Eduardo FREI RUIZ-TAGLE

    チリ / Chile

    アジア太平洋担当特命大使 / Ambassador on Special Mission for Asia-Pacific Region

  • パウリーナ・ナサル / Paulina Nazal Aranda

    チリ / Chile

    外務省国際経済局長 / General Director of International Economic Affairs

  • カルロス・アルバレス / Carlos Alvarez Voullieme

    チリ / Chile

    海外投資促進庁長官 / Director of InvestChile

ページのTOPへ