マイBOOK マイPR

会員が出版した書籍を、著者自身によるワンポイント紹介とともに掲載しています。


■中国共産党 闇の中の決戦

中澤 克二(日本経済新聞社編集委員兼論説委員)

▽激しい権力をめぐる闘いの裏舞台

中国共産党トップに就いてから既に4年が過ぎようとしている習近平氏。権力の早期掌握に向けて苛烈な「反腐敗」運動を推し進め、政敵を次々に倒し、牢の中に送り込んできた。だが今、その手法が大きな壁に突き当たっている。不穏な動きを見せる中国の体制内で何が起きているのか。習氏の任期切れは一般的には2022年。安倍晋三首相が自民党総裁任期の延長に動いたように、習氏もまたそれをめざすのか。闇の中で動く闘いの実相を探った。


日本経済新聞出版社 / 1728円 / ISBN 4532176069

■孤立する韓国、「核武装」に走る

鈴置 高史(日本経済新聞社編集委員)

▽韓国も核武装を着々と準備

北朝鮮の核・ミサイル開発が注目を浴びています。しかし、韓国も負けていません。いつでも核武装宣言できるよう、核ミサイル搭載可能な大型潜水艦を2020年に実戦配備します。水中発射型ミサイルも開発中です。核弾頭も韓国なら2年もあれば実用化できるといわれています。目的はもちろん北の核に対抗すること。「離米従中」で米韓関係が悪化し、米国の核の傘を期待しにくくなった結果でもあります。韓国外交をリアルタイムで分析する、このシリーズの9冊目です。


日経BP社 / 1512円 / ISBN 4822236803

■日本の死に至る病 アベノミクスの罪と罰

倉重 篤郎(毎日新聞社専門編集委員)

▽アベノミクスの怪しさを撃つ

アベノミクスって、そんなに大した経済政策なのだろうか。という素朴な疑問から、それを批判的にウオッチしている10人を選び、インタビューしたものをまとめました。聞けば聞くほどに怪しい政策だと感じました。そもそも「三本の矢」が怪しい。実は異次元緩和という一本足打法であるにすぎません。成長至上主義、次世代過度依存、リスク過小評価も怪しく感じました。当クラブでの会見も参考にさせてもらいました。多謝。


河出書房新社 / 1728円 / ISBN 4309247792

■日本人なら知っておきたい2020教育改革のキモ(フジテレビ「ホウドウキョク」編)

鈴木 款(フジテレビシニアコメンテーター)

▽教育問題を20人の論客が熱く語る

フジテレビのインターネットニュースチャンネル「ホウドウキョク」で、現代の教育問題に切り込むトーク番組『教育のキモ』(司会:シニアコメンテーター・鈴木款+女子アナウンサー)。2020年度から始まる教育改革やIT教育の最前線、いじめや貧困による学力格差問題、東京オリパラに向けた障がい者教育やスポーツの学び方まで、20人の論客が番組内で語りつくした内容が1冊の本に。教育は国家百年の計。親ならずとも必携の著。


扶桑社 / 1728円 / ISBN 4594075592

■プリンセスの育て方 美智子さまから眞子さま佳子さまへ

渡邉みどり(日本テレビ出身) ▽身近なお手本と厳しいしつけ  美智子さまは「公務のできる内親王」として紀宮清子内親王をお育てになった。内親王の務めは国民に尽くし見返りを求めないこと。華やかだが厳しい存在である。清子さまを「ねえね」と慕いロールモデルとして、ご公務に積極的に取り組まれる眞子さまと佳子さま。厳しいしつけは母である紀子さま。いいお家に生まれただけではプリンセスにはなりません。身近なお手本と厳しいしつけがあってこそ、素敵なプリンセスが生まれるのです。
こう書房 / 1512円 / ISBN 4769611544

■ユーロは絶対に崩壊しない

伴野 文夫(NHK出身) ▽欧州の明日はドイツか英国か?  50年前のブリュッセル駐在以来、長年にわたるEU取材の集大成です。私の本とほとんど同時にE・トッドの『問題は英国ではない、EUなのだ』が出版されました。  面白いことにトッドと私の見解は、まったくの真逆です。トッドはイギリス派でドイツ嫌い。やがて欧州をリードするのはイギリスだと言います。私はフランス派ですが、大英帝国は衰退しつつあり、EUの明日はドイツが握っていると見ます。  どちらを選ぶか、読み比べてください。10年もすれば答えははっきりすることでしょう。
幻冬舎ルネッサンス新書 / 864円 / ISBN 434499423X

■日本の現場 地方紙で読む2016(早稲田大学ジャーナリズム研究所編)

高田昌幸(高知新聞社報道部副部長・部長待遇)  地方紙の記事を総覧する機会は意外と多くない。ネット時代になっても、地方紙の記事群はなかなか全国に流通していない。本書はそうした点を補い、各紙の連載や特集を1冊にして世に送り出す狙いで編まれた。2010年版、12年版に続く3冊目。これまでと違い、収録記事は他薦から自薦へ、版元も早稲田大学出版部に変わるなどした。  収録は北海道から沖縄まで18紙。東日本大震災や福島原発事故の「その後」、子育てや貧困、ハンセン病などの差別、高齢化の実相などテーマは実に多種多様だ。敗戦70年に関する連載を「イチオシ」とする地方紙も多かった。  本書を通読すれば、「東京目線」「中央目線」ではない視点の多様性が浮き彫りになる。まさに「現場を読む」である。深掘り度も一級。地方紙の、新聞の底力を存分に見せてくれる。
早稲田大学出版部 / 2160円 / ISBN 465716015X

■宮尾登美子 遅咲きの人生

大島 信三(産経新聞出身) ▽作品より面白いスリリングな生涯  「宮尾作品は人物がくっきりと描かれていてドラマ化しやすい」と、あるテレビプロデューサーから聞いた。出世作の『櫂』を皮切りに『陽暉楼』『寒椿』『鬼龍院花子の生涯』『序の舞』『天璋院篤姫』がテレビ、舞台、映画になって話題を呼んだ。  確かに作品も面白いが、芸妓娼妓紹介業の家に生まれた作家の生涯の方がはるかにドラマチックで、スリリングである。逆境でも諦めず、マイナスをいつの間にかプラスに転じていく生き方には学ぶべき点が多い。
芙蓉書房出版 / 1944円 / ISBN 4829506911

■オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録

三山 秀昭(広島テレビ社長) ▽オバマ広島訪問の秘話ドキュメント オバマ米大統領と森重昭さんとの抱擁は誰もが覚えている。しかし、訪問までのプロセスは今なおベールの中。そこに焦点を当てたのが、この本。  ①オバマの初訪日の際、米側の広島訪問打診に、日本外務省は事実上のNO②その後、安倍首相の靖国参拝で、アジア重視策の米側が「失望」して遠のく③地元広島はサミット誘致でオバマを招こうとするが、首相は「伊勢」に拘泥、オバマは「サミットが理由の広島訪問ではなく、自らの意思で広島へ行く」と広島サミットを敬遠。さて、米側は森さんの存在をどうして知った?…など、タイトル通り、秘話満載だ。
文春新書 / 842円 / ISBN 4166610953

■報道の自己規制 メディアを蝕む不都合な真実

上出 義樹(北海道新聞出身)

▽日本の新聞・テレビの病巣にメス

自己規制、自主規制、萎縮、忖度…。呼び方は異なるが、安倍晋三政権に腰が引けた新聞やテレビの報道姿勢がさまざまな場面で目に付く。しかし、権力に弱いメディアの体質は昔も今も変わらない。本書は、今春学位を得た筆者の博士論文を下敷きに、新聞やテレビが自らメスを入れない報道の自己規制の実態と、その背後にある記者クラブ制度など、マスメディアの日本的な負の構造を徹底検証している。


リベルタ出版 / 2160円 / ISBN 4903724484
ページのTOPへ