2019年09月20日 13:30 〜 15:00 10階ホール
「朝鮮半島の今を知る」(33)北朝鮮帰国事業から60年 国際政治と人権を考える 朴正鎮・津田塾大学教授

会見メモ

今年は北朝鮮帰国事業開始から60年にあたる。朴正鎮教授が最新の研究をもとに、在日朝鮮人が北朝鮮に渡った背景、彼らの人権が国際政治の変化の中でどう扱われてきたのかなどについて解説した。

朴教授は『帰国運動とは何だったのか 封印された日朝関係史』(2005)、『日朝冷戦構造の誕生―1945-1965 封印された外交史』(2012 いずれも平凡社)などの著書で知られる。

 

司会 五味洋治 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)

 


ゲスト / Guest

  • 朴正鎮 / PARK Jung Jin

    津田塾大学教授 / professor, Tsuda University

研究テーマ:朝鮮半島の今を知る

研究会回数:33

前へ 2019年09月 次へ
1
4
6
7
8
10
12
14
15
16
17
21
22
23
26
28
29
30
1
2
3
4
5
ページのTOPへ