2019年08月09日 13:00 〜 14:30 10階ホール
「2019参院選後の日本 民意を読む」(6) 砂原庸介・神戸大学大学院教授

会見メモ

 政治学、行政学、地方自治が専門の砂原庸介教授が、参院選の結果をもとに選挙制度のボトルネックや将来展望を語った。

 

 砂原教授は著書『大阪』(中公新書、2012年)で第35回サントリー学芸賞(政治・経済部門)、『分裂と統合の日本政治――統治機構改革と政党システムの変容』(千倉書房、2017年)で第17回大佛次郎論壇賞を受賞。その他著書に『民主主義の条件』(東洋経済新報社、2015年)などがある。近著は『新築がお好きですか?:日本における住宅と政治 』(ミネルヴァ書房、2018年)。 

 

司会 坪井ゆづる 日本記者クラブ企画委員(朝日新聞)

神戸大学教員紹介ページ


ゲスト / Guest

  • 砂原庸介 / Yosuke Sunahara

    日本 / Japan

    神戸大学大学院法学研究科教授 / Professor of Public Administration,Graduate School of Law, Kobe University

研究テーマ:2019参院選後の日本 民意を読む

研究会回数:6

前へ 2019年08月 次へ
28
29
30
31
3
4
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
25
26
27
28
29
31
ページのTOPへ