2018年10月30日 16:00 〜 17:00 9階会見場
「チェンジ・メーカーズに聞く」(27) 西川徹・プリファードネットワークス社長

会見メモ

チェンジメーカーズに聞く (27)

プリファード・ネットワークス

 

司会 藤賀三雄 日本記者クラブ企画委員(日本経済新聞)


会見リポート

日本発ユニコーン、ロボット世界のアップル・グーグルになる日

 AI(人工知能)ロボットが、衣類、おもちゃ、文房具で散らかった部屋をキチンと片づける。10月中旬、幕張メッセ(千葉市)で開かれた「CEATEC(シーテック)ジャパン」。700社を超える出展の中でひときわ注目を集めたのが「お片付けロボット」だ。

 このロボットの頭脳を開発したのが、西川徹社長率いるプリファード・ネットワークス(PFN)である。推定企業価値が10億ドル(約1100億円)超の未上場企業は世界で「ユニコーン」と呼ばれるが、PFNは日本唯一のユニコーン企業としても有名である。

 私もCEATECでロボットの働く姿を見たが、クシャクシャの布きれをちゃんと「ハンカチ」と認識して片づける姿に正直、驚いた。

 今までのロボットは、教えられた作業を忠実にこなすだけだったが、細かなルールをあらかじめ設定するなど、教える側も大変。しかし、このお片付けロボットは、PFNが得意とするディープラーニング(深層学習)を応用して、自動的にさまざまな環境や変化に柔軟に対応する“ロバスト”な能力を備えている。つまり、ロボットにこと細かく教え込まなくても、自分で周囲の様子を一般化して行動に移せるわけだ。

 日本発スタートアップ期待の星、西川社長のアタマの中にはどんな「未来」があるのだろうか。

 「パソコン、スマホに続き、パーソナルロボットの世界がいよいよ現実になる」。西川社長は断言する。パソコンの世界でのマイクロソフト、スマホにおけるアップルやグーグル。そんな役割をプリファードが担っていく意気込みを強く感じた。

 アップルやグーグルが開発したスマホOSの上で、さまざまなアプリが動くように、PFNがロボットのプラットフォームを構築、その上で動くアプリを世界中の人たちが簡単に作り出す世界。そして、お片付けロボだけでなく、接客ロボ、介護ロボ、農作業ロボ、物流ロボ……など、さまざまなロボが家庭だけでなく、あらゆる場所で動きまわる世界。そんな時代が近いのかもしれない。

 「Learn or Die(死ぬ気で学べ)」 PFNが大切にする「価値(バリュー)」だ。西川社長は「エンジニアはマグロみたいなもの。泳ぐこと(学ぶこと)を止めれば死ぬ」と話す。PFNが高速で泳ぎ続ける先に何が起きるか楽しみだ。


日経CNBCチーフ・デジタル・オフィサー  大石 信行

ゲスト / Guest

  • 西川徹 / Toru Nishikawa

    プリファードネットワークス代表 / President &CEO, Preferred Networks

研究テーマ:チェンジメーカーズに聞く

研究会回数:27

前へ 2018年11月 次へ
28
29
30
31
1
3
4
10
11
17
18
22
23
24
25
27
28
29
30
1
ページのTOPへ