1985年07月03日 00:00 〜 00:00 宴会場
ラフサンジャニ イラン 国会議長

会見メモ

・・・イラン首脳として革命後初の西側訪問。国際的な孤立から脱却を図ろうとする外交攻勢の先頭に立ち、6月下旬から、リビア、シリア、中国を訪問した。
 冒頭スピーチなしで、約1時間半、質問に答えた。「国際テロ事件の背後にイランがいるとも言われているが?」との第1問にも、「われわれはあらゆるテロに反対するが、レバノン人だけをせめ、イスラエルやフランスを非難しないで済ますわけにはいかない。小さなテロの根本原因は超大国の行動にある」と冷静。この後質問は対米、対ソ、対中関係、部分停戦の可能性、IJPC問題等に及んだが、ペルシャ語、英語、日本語の三カ国語通訳で、会見が少しだれると、すかさず「眠っている人がいたら横の人は起こしてやってください」と笑わす。・・・
日本記者クラブ会報1985年8月号8ページから引用)

会見音声


ゲスト / Guest

  • ラフサンジャニ / RAFSANJANI

    イラン / Iran

    国会議長 / Speaker of the Parliament

ページのTOPへ