2018年09月14日 09:00 〜 17:00
戊辰戦争150年会津若松・白河プレスツアー(9/14~15)

1868(慶応4)1月の「鳥羽・伏見の戦い」で始まった戊辰戦争から今年は150年にあたる。そこで、戦争中の最大の攻防戦とされる、福島県の「会津の戦い」と「白河の戦い」の関連戦跡をめぐり、敗者の視点から近代日本を考えるツアーを下記のように行う。

※会津の戦い:白虎隊自決の悲劇などを生み、戊辰戦争の中で、最大の犠牲者を出し、会津若松城(鶴ヶ城)が922日に落城し、終結した

※白河の戦い:白河城(小峰城)をめぐる「東軍」と「西軍」の攻防は7月まで約100日間にもおよび、戊辰戦争の戦局を左右したといわれる

 

【日程】9月14日(金)~15日(土)

 ◆9月14日(金)

  ★09:20新幹線新白河駅改札出口集合

  ・白河市-ガイド:植村美洋・市文化財保護審議会委員

   小峰城跡、脇本陣柳屋(新撰組宿泊先)、白河口戊辰之碑(東軍・西軍戦死者記念碑)など

  ・会津若松市

   宗像精(ただし)・会津藩校日新館館長会見:藩校は再現され、教育・観光施設として利用されている

   室井照平・会津若松市長会見

 ◆9月15日(土)

  ・会津若松市-ガイド:近藤真佐夫・市教育委員会文化課主幹・NHK「ブラタモリ」会津編案内人

   会津若松城、松平家墓所、家老・西郷頼母邸跡、飯盛山の白虎隊記念館、旧滝沢本陣(藩主・松平容保が指揮を執った本営)、県立博物館、末廣酒造(松平容保の書の展示あり)など

  ★18時ごろ新幹線郡山駅前で解散

 

 

【定員】15人(抽選) 

参加費28,000円 (宿泊、バス、両日昼食、初日懇親会、参観費含む)

申し込み締め切り8月24日(金)17:00  ※結果は8月27日(月)以降にお知らせします。

 

 


ゲスト / Guest

前へ 2018年09月 次へ
26
27
28
29
30
31
1
2
3
5
6
7
8
9
11
15
16
17
20
22
23
24
26
29
30
1
2
3
4
5
6
ページのTOPへ