2019年10月10日 14:00 〜 15:30 9階会見場
「米中争覇」(6) 台湾総統選と米中対立 松田康博・東京大学教授

会見メモ

来年1月の台湾総統選挙は、再選を目指す民進党の蔡英文氏と国民党の韓国瑜・高雄市長との一騎打ちとなった。

中国、台湾を主な研究対象とする松田康博教授が登壇し、香港情勢や米中対立の影響を踏まえた選挙の行方を展望した。

 

松田教授には『現代台湾の政治経済と中台関係』(晃洋書房2018年 共著)などの著書がある。

 

司会 坂東賢治  日本記者クラブ企画委員(毎日新聞)


ゲスト / Guest

  • 松田康博 / Yasuhiro Matsuda

    日本 / Japan

    東京大学東洋文化研究所教授 / professor, Institute for Advanced Studies on Asia, Tokyo University

研究テーマ:米中争覇

研究会回数:6

前へ 2019年10月 次へ
29
30
1
3
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
26
27
29
31
1
2
ページのTOPへ