2019年06月12日 15:45 〜 17:15 10階ホール
「BREXIT迷走の背景-英議会政治の変質」近藤康史・筑波大学教授

会見メモ

 ブレグジットをめぐる英国政治混乱は、二大政党から多党化への流れが背景にあると指摘した。

 ブレア政権の分権改革で誕生したスコットランドなどの地域議会で地域政党が成長。加えて、欧州議会選挙は、国政選挙の小選挙区制ではなく比例代表制で実施されるためUKIPなど小政党が存在感を示すようになり、多党化が有権者に浸透していった。さらに、保守党、労働党ともEU政策について党内で意見が割れ党の結束力が低下したことも混乱に拍車をかけたと解説した。近藤教授は著書『分解するイギリス』(ちくま新書)で英国政治の変質過程を詳述している。

 司会 土生修一 日本記者クラブ事務局長

『分解するイギリス~民主主義モデルの漂流』(ちくま新書)

筑波大学研究者紹介ページ


ゲスト / Guest

  • 近藤康史 / Yasushi Kondo

    日本 / Japan

    筑波大学教授 / professor, Tsukuba University

研究テーマ:BREXIT迷走の背景-英議会政治の変質

前へ 2019年06月 次へ
26
27
28
29
30
31
1
2
8
9
15
16
17
18
19
22
23
25
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
ページのTOPへ