2015年02月19日 16:00 〜 17:00 宴会場(9階)
ポール・ライアン議員ほか米下院超党派議員団

会見メモ

ポール・ライアン議員(共和党 下院歳入委員会委員長)を団長とする米下院超党派議員団が会見した。TPP問題などについて話し、記者の質問に答えた。
司会 杉田弘毅 日本記者クラブ企画委員(共同通信社)
通訳 長井鞠子 池田薫 (サイマル・インターナショナル)
写真左から エイドリアン・スミス Adrian Smith 、チャールズ・ブースタニー Charles Boustany 、グレゴリー・ミークス Gregory Meeks 、ポール・ライアン Paul Ryan 、デイブ・ライシャート Dave Reichert 、バーン・ブキャナン Vern Buchanan の各議員


会見リポート

ウィン・ウィンへの意欲

2012年の米大統領選で副大統領候補、下院歳入委員長。ティーパーティー(茶会党)の代表者でもある。そんなポール・ライアン議員(共和・左から4人目)が民主、共和の超党派議員団を率い訪日した。

 

茶会党というからにはコワモテなのだろう。そんな先入観は会見の冒頭であっさり覆された。「『イスラム国』の犠牲になられた方にお悔やみ申し上げます」。冒頭で弔意を表する折り目正しさに、40歳代半ばの若手リーダーのオーラが漂う。

 

訪日の大きな狙いは、佳境に差しかかった環太平洋経済連携協定(TPP)の後押しだ(会見後、安倍首相とも面談)。「カギを握る大統領貿易促進権限法(TPA)は今春に成立し、TPPも年内には実現する」。日程について踏み込んで発言した。「TPPには為替問題に触れるような条項は盛り込むべきでない」とも。

 

ウィスコンシン州選出のライアン氏を筆頭に、農業州出身の議員が多いため、農産品の販路拡大の狙いもあるだろう。が、それ以上に「高いレベルの自由貿易体制を作ろう」という意欲、そして「ウィン・ウィン」を目指す姿勢が伝わってきた。


日本経済新聞編集委員 滝田 洋一

ゲスト / Guest

  • ポール・ライアン議員ほか米下院超党派議員団 / Congressional Delegation led by Representative Paul Ryan

    アメリカ / USA

ページのTOPへ