会見記録/昼食会/研究会

2015年10月16日    13:00〜 14:30
映画監督 小栗康平    10階ホール

氏名 小栗康平 Name Kohei Oguri
日本 Nation Japan
肩書 映画監督 Title Film Director
研究テーマ 戦後70年 語る・問う
研究会数 33

会見メモ

画家・藤田嗣治を描いた新作「FOUJITA」(制作・脚本も担当 11/14公開)を完成させた小栗康平監督が会見し、記者の質問に答えた。
司会 倉重篤郎 日本記者クラブ企画委員(毎日新聞)

YouTube

映画監督 小栗康平 写真 1 映画監督 小栗康平 写真 2 映画監督 小栗康平 写真 3 映画監督 小栗康平 写真 4  

記者による会見リポート

フジタの内面の哀しみとは?

研究テーマ:戦後70年 語る・問う

研究会回数:33

いまなぜ藤田嗣治なのか。小栗さんによると、1つは著作権問題だという。藤田氏側の厳しい管理でなかなか映画化が果たせなかったのが、ある人の仲介でそれが可能になった。もちろん、藤田という人物に関心がなかったわけではない。

 

だから、制作にあたり、藤田に関する文献は日記に至るまで相当読み込んだ。騒がしいエピソードがいっぱいあった。自我が強く、個性的な生き方をする藤田がいた。だが、映画化する際にはそういった伝記的なものは避け、その内面的なものを描こうと思った、という。それは、1920年代のエコール・ド・パリで日本画的な技法で大人気を博し、1940年代の日本では西洋の歴史画的タッチで戦争協力画を描き、全く違う2つの時代、空間で、プロとしてひるまずに表現に携わってきた人間の哀しみみたいなものだという。

 

小栗さんの映画監督としての一貫したモチーフは、「ヨーロッパ近代を日本がどう受容したか」である。近代化が果たして日本人を幸福にしたのか。その最大の成功者に見える藤田の内面に一体どういう哀しみがあったのか。ここからは映画を見ながらじっくり考えたいところである。


企画委員 毎日新聞専門論説委員 倉重 篤郎
会見のご案内
会見カレンダーはこちらから

日本記者クラブ主催の会合は、会員または加盟社の記者が参加できます。

フォトギャラリー
  • アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ 駐日大使

    アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ 駐日大使2016/08/05

  • 黒田順子 米マーシー大学客員教授

    黒田順子 米マーシー大学客員教授2016/08/02

  • 「ザ・テノール 真実の物語」/ベー・チェチョル

    「ザ・テノール 真実の物語」/ベー・チェチョル 2016/08/01

ページの一番上へ