会見記録/昼食会/研究会

2014年12月1日    13:00〜 15:10
8党党首討論会    10階ホール

氏名 8党党首討論会 Name Debate and Press conference with 8 leaders of Political Parties

会見メモ

衆議院選挙の公示を前に、8党党首が一堂に集まり党首討論会を開催した。

出席者は▽自由民主党・安倍晋三総裁▽民主党・海江田万里代表▽維新の党・江田憲司代表▽公明党・山口那津男代表▽次世代の党・平沼赳夫党首▽日本共産党・志位和夫委員長▽生活の党・小沢一郎代表▽社会民主党・吉田忠智党首の8人。

討論会は2部構成。

■第1部は、基本的主張と党首同士の討論を行った。(約50分)

■第2部は、日本記者クラブ企画委員4人による代表質問。(約65分)

日本記者クラブが主催する党首討論会は1990年から国政選挙のたびに行われ、今回で14回目。

総合司会 川戸恵子、第一部司会 島田敏男

代表質問 橋本五郎、星浩、倉重篤郎、実哲也

いずれも日本記者クラブ企画委員

=============
論戦深めた党首討論会 3年連続14回目 衆院選


党首討論会は、党首の討論だけでなく専門記者の質問に対する答えを通し、ジャーナリズムが有権者に判断材料を提供する機会だ。今回の衆院選で日本記者クラブは公示日前日の12月1日、3年連続14回目の党首討論会を主催した。2時間の論戦は詳しく報道され、この会報(4、5ページ)でも特集した。
解散報道が広がり始めた11月11日、企画委員会は公職選挙法の政党要件を参考に9政党を招く方針を決めた。9党に日程を連絡したが、みんなの党の解党で、参加は8党となった。クラブ会員に開催案内を送ったのは解散前日の20日だった。
12年衆院選、13年参院選と同じように10階ホールのレイアウトを縦長にし、特設ステージを作った。党首が登壇するメーンステージは幅10・8㍍、高さ60㌢。25台のテレビカメラ用にもステージを組み立てた。予算に見込んでいなかった特別支出となった。
クラブ名とロゴマークを入れた緑の特製緞帳も倉庫から出し3回目の使用となった。今回もプレスセンタービルに協力していただいた。
日本記者クラブ会報2014年12月号1ページから引用。同号4~5ページに特集があります)

YouTube

会見詳録

会見音声
8党党首討論会 写真 1 8党党首討論会 写真 2      


フォトギャラリー
  • 根本かおる 国連広報センター所長

    根本かおる 国連広報センター所長2016/09/23

  • 中国経済学者代表団

    中国経済学者代表団 2016/09/13

  • 加藤聖文 国文学研究資料館准教授

    加藤聖文 国文学研究資料館准教授2016/09/12

ページの一番上へ