会見記録/昼食会/研究会

2014年3月28日    14:00〜 15:30
東京大学教授 長谷部恭男    10階ホール 

氏名 長谷部恭男 Name Yasuo Hasebe
日本 Nation Japan
肩書 東京大学教授 Title Professor, University of Tokyo
研究テーマ 集団的自衛権を考える
研究会数 4

会見メモ

集団的自衛権を考える研究会の4回目。「憲法解釈の変更と集団的自衛権」と題して、長谷部恭男・東京大学教授が話し、記者の質問に答えた。

司会 星浩 日本記者クラブ企画委員(朝日新聞)

YouTube

東京大学教授 長谷部恭男 写真 1 東京大学教授 長谷部恭男 写真 2      

記者による会見リポート

安倍流解釈改憲は「自己破壊的」と警告

研究テーマ:集団的自衛権を考える

研究会回数:4

「憲法原理は国家の生き死にに関わることなので、そうそう変えてはいけない」。最も言いたかったのはここだろう。


安倍政権が推し進める集団的自衛権行使容認の問題点を、難解な語り口ながら鋭く批判した。


憲法解釈の変更で何が得られるのか。「その時々の政府の判断で憲法解釈が変えられるようになれば、後の政府の判断で元に戻るかもしれない」


そうした不安定さを「自己破壊的」と呼び、「政府の憲法解釈全体の将来を危うくしかねない」と警告した。批判は自民党首脳が最高裁の砂川判決をもとに言い出した「限定容認論」にも及ぶ。「素直にみれば、判決は個別的自衛権の話をしたもの」とあっさり切り捨てた。


矛先は安倍政権の安全保障政策にも。「自由で民主的な政治体制という普遍的価値を米国と守るのが肝心。日本がナショナリズムにかじを切れば、米国との信頼関係を損なう。何のための集団的自衛権なのか」と疑問を呈した。

昨年の国会で特定秘密保護法に賛成の意見を述べた長谷部氏だが、こと安倍流の解釈改憲に関する限り舌鋒は容赦なく、痛快でさえあった。


朝日新聞専門記者(防衛問題) 谷田 邦一
会見のご案内
会見カレンダーはこちらから

日本記者クラブ主催の会合は、会員または加盟社の記者が参加できます。

フォトギャラリー
  • 開沼博氏/竜田一人氏/吉川彰浩氏

    開沼博氏/竜田一人氏/吉川彰浩氏 2016/07/28

  • 山下真理 国連平和構築支援事務所次長

    山下真理 国連平和構築支援事務所次長2016/07/28

  • 茂木崇 東京工芸大学専任講師

    茂木崇 東京工芸大学専任講師2016/07/26

ページの一番上へ